主な疾患・治療法

細胞診

子宮頸部擦過、喀痰、尿などから得られた細胞の形態を観察し、主には良悪性の判断をします。

病理組織診

生検や手術検体から標本作製し、組織像を観察します。良悪だけでなく、病変の広がりや病態の把握に努めます。

術中迅速診断

手術中に治療方針を決定する際に行われます。組織を凍結させて標本作製し、短時間で診断します。

病理解剖

不幸にして亡くなられた患者さんのご遺体を解剖させていただいて、死因や末期の病態の把握をします。