主な疾患・治療法

外来化学療法のオリエンテーション

当院では、安心して外来で抗がん剤治療を開始していただくために、看護師が治療開始前にお話を伺います。治療当日の流れや治療中の注意点・生活方法・副作用の対処方法・困ったときの相談窓口などを、冊子を利用してご説明いたします。
外来化学療法センターのページ

安心して治療を受けていただくために

治療予定の患者さんについて、治療内容の確認や注意事項の共有を行うため、毎朝看護師・薬剤師・医師によるカンファレンスを行っています。安全で快適な治療を行い、一人ひとりの患者さんに最善が尽くせるよう努めています。

副作用への対応

いつごろどのような副作用が出現するか予想できる場合も多いため、患者さんに注意していただくことなどを具体的にご説明いたします。特に初回の治療後は電話で状況を確認させていただいたり、途中で受診していただいたりしながら、安心して治療を受けていただけるよう配慮しております。

薬剤指導について

化学療法の治療を行うことが決まれば、薬剤師から点滴のスケジュールや主な副作用とその対策などをご説明します。また内服の抗がん剤のみで治療される患者さんもご自宅で安全に服用頂けるよう、薬剤師が継続的なフォローを行っています。

臨床研究にご協力ください

当科では臨床試験や治験(国際共同臨床試験・開発治験などを含む)を多数実施しております。新しい治療法や治療薬を開発し医療の進歩に貢献することは、私たちの使命と考えています。ご興味のある方は是非ご相談ください。

セカンドオピニオンには随時対応いたします

私たちは、患者さんが納得して治療方針を決定することが重要と考えています。そのために、他施設の医師の意見を聞くこと(セカンドオピニオン)をおすすめしています。ご希望があれば遠慮なくスタッフにお伝えください。また、他院からのセカンドオピニオンも随時受け付けております。

中心静脈ポート(CVポート)

治療を続けているとだんだん腕の血管が使いづらくなってきたり、抗がん剤のために痛みや炎症を起こすことがあります。長期にわたる治療を安全で快適に行うために、中心静脈ポートをおすすめしています。日帰り手術で簡単に行うことができます。詳しくはスタッフにお尋ねください。

かかりつけ医・緩和ケアとの連携

治療中の体調変化などに対応するため、かかりつけ医をお持ちいただくことを強くおすすめしています。また、治療と並行して、体調に合わせて緩和ケア科と連携して診療を行っています。