循環器内科

循環器内科部長 古川 裕

神戸市立医療センター中央市民病院
循環器内科部長
古川 裕

当科では、心臓血管外科をはじめ数多くの部署との協同により、心臓・血管疾患に対する質の高い診療を行うように心がけています。

当科では、ともに循環器センターを構成する心臓血管外科をはじめ、臨床検査技術部生理検査部門、放射線技術部、臨床工学技術部、リハビリテーション技術部、薬剤部、看護部など数多くの部署との協同により、日々、心臓・血管疾患に対する質の高い診療を行うように心がけています。近年、大動脈弁狭窄症へのカテーテル治療(TAVI)や心臓リハビリテーションに代表されるように、内科、外科の垣根や職種の垣根を越えて患者さんにより良い医療を提供するという共通の目的を持つハートチームによって診療を行うという姿勢が益々重要となっていますが、我々も実践し心臓・血管疾患の内科的治療から外科手術までをスムーズに提供しています。対象となる疾患の特徴からも、また、本院が神戸市の基幹病院、救命救急センターであることからも救急患者、重症患者を多く診療しており、循環器内科への年間入院患者のかなりの割合を、CCUなどへの緊急入院患者が占めています。循環器疾患の診断においては、冠動脈造影に比べてより低侵襲的な検査としての320列MDCTによる冠動脈病変の評価、心疾患診療に必須である質の高い経胸壁心エコー図、経食道心エコー図検査、さらには心臓MRIや心臓核医学検査など、さまざまな検査機器と手法を駆使し、正確な診断と病態の評価、治療方針の決定に役立てています。

冠動脈疾患や不整脈の診療では、クリニカル・パスを積極活用し1泊2日、または日帰りでの冠動脈造影診断、2泊3日の冠動脈インターベンション治療(PCI)、3泊4日の心房細動アブレーション治療などを行い、短い入院期間で安全に効果的な診療を行うよう努めています。

さらに、上述したTAVIのほか、ペースメーカー、植え込み型除細動器の植え込み、心不全に対する心臓再同期治療(両心室ペーシング)や僧帽弁狭窄に対する経皮的バルーン拡張術などのPCIやアブレーション治療以外の非薬物治療にも積極的に取り組んでいます。このように、当科では、循環器疾患の広い分野の診療を高いレベルで行なっていますが、これら最新の医療機器による治療の前提として、冠動脈疾患や心不全における生活習慣の改善や患者さんごとの最適な薬物治療がまず必須であり、その点では心臓リハビリテーションによる総合的な患者指導などが大いに役立っています。

また、先進的な医療を早くから提供できる体制と意識を常に維持するよう、臨床研究の成果を国内外の学会や論文で発表することにも積極的に取り組んでおり、将来の循環器診療の進歩のために多くの多施設共同研究にも参加しています。

当科では、各分野のエキスパートからなるチーム体制を整えています。

〈TAVIチーム〉

循環器内科医、心臓血管外科医、麻酔科医,画像診断専門医、看護師、放射線技師、臨床工学技士など多職種にわたるスタッフが、「ハートチーム」を形成し、それぞれの専門分野の知識や技術を持ち寄って、患者さんにとって最適と思われる治療法を選択し、治療を行っています。

〈心リハチーム〉

医師、看護師、理学療法士、栄養士、薬剤師、臨床心理士などの多くの職種が参加して、「心リハチーム」を形成し、患者さんにとって最適な心臓リハビリを行っています。