地域がん診療拠点病院

地域がん診療拠点病院

地域がん診療連携拠点病院とは

当院は、平成19年1月31日に地域がん診療連携拠点病院に指定されました。がん拠点病院については、平成20年3月に厚生労働省が「がん診療連携拠点病院の整備に関する指針」を見直しましたが、当院は、見直し後の指針に基づき、平成22年3月に拠点病院の指定の更新を受けています。当院は、見直し後の指針に則った形で下記のような、がん診療体制を持っております。

診療体制

キャンサーボード(症例検討)

がん患者の症状、状態及び治療方針等について検討するためのカンファレンスを実施しています。

集学的治療の提供体制及び標準的治療の提供体制

集学的治療とは、手術、化学療法及び放射線療法の効果的な組み合わせをいいます。当院で対応可能な集学的治療及び標準的治療については、各診療科のページをご覧ください。

化学療法の提供体制

当院では、外来化学療法センターを設置しており、入院ではなく、外来でも化学療法を行うことができます。

緩和ケアの提供体制

緩和ケアチーム

緩和ケアチームは、身体症状の専従医や各診療科のスタッフ医師、精神科医や認定看護師、 薬剤師、管理栄養士で構成されています。また、院外の皆様にもご参加いただけるオープンセミナーも開催しております。

緩和ケア外来

緩和ケア専従医による緩和ケア外来を開設しています。

緩和ケア研修会

厚労省の定めるプログラムに準拠した緩和ケア研修会を年1回開催しています。

セカンドオピニオンの提示体制

当院の専門医にセカンドオピニオンの提示を受けることができます。

病病連携・病診連携の協力体制

地域の医療機関から紹介されたがん患者の受入を、また、がん患者の状態に応じ、地域の医療機関へがん患者の紹介を行っています。

がん地域診療連携パス

兵庫県がん診療連携協議会と協同して、5大がんの地域連携パスの運用をすすめています。

研修実施体制

がん診療オープンカンファレンス

H29年度は年2回(6月・12月)がんに関連したテーマを決めて、がん診療オープンカンファレンスを開催しておりますので、どなた様でもお気軽にご参加ください。

今後の開催内容
過去の講義内容
過去開催分はこちら

情報収集提供体制

がん相談支援センター

がんセンターの研修を修了した看護師・医療ソーシャルワーカー等ががん相談に応じております。

院内がん登録

「がん対策基本法」に基づいた「がん対策推進基本計画」の中で、がん登録の推進が掲げられています。それに基づき、がん診療拠点病院である当院は院内がん登録を行っています。院内がん登録とは、その施設におけるがん診療の実態を把握し、がん診療の質の向上とがん患者の支援をめざして活動を行うものです。がんの診断・治療を受けた全患者について、がんの診断治療、予後に関する情報を登録する仕組みです。

診療科や入院・外来ごとでなく、腫瘍ごと(1腫瘍1登録)の登録を行い、登録により収集された情報は下記の目的に利用されます。

  • 地域がん登録への情報提供
  • 国立がん研究センターがん対策情報センター院内がん登録室への情報提供
  • がん患者さんの生存率の計測(予後調査)
  • 自施設のがん医療実態の把握
  • 診療活動の支援、研究、教育のための資料提供
  • がんに関する医療活動の評価(統計)の資料作成
  • 患者さんへの情報公開の基礎資料