中央市民病院と先端医療センター病院との統合について

中央市民病院と先端医療センター病院との統合について

11月1日より 先端医療センター病院を統合し、中央市民病院・南館(統合後名称)とします。

11月1日より 先端医療センター病院を統合し、中央市民病院・南館(統合後名称)とします。

統合により先端医療センター病院で実施していた医療機能、治験・臨床研究などは中央市民病院で継承、拡充します。
統合後の中央市民病院・南館では、一部の入院診療(60床)、放射線治療、CT・MRI検査などを行います。
関係する患者さんには個別にご案内させていただきます。

中央市民病院の病棟機能の一部を南館5階に移行します

中央市民病院の病棟機能の一部を南館5階に移行することにより、中央市民病院本館に救急に対応できる病床を増やし、さらなる救急医療の拡充を図ります。

患者さんの安全を第一に考えて円滑に手続きを行ってまいりますが、
医療機能の変更に併せて、改修工事なども行うため、ご迷惑をおかけいたします。
皆さまのご理解とご協力の程よろしくお願いいたします。